タクシー川柳の募集

募集期間:平成29年7月15日(土)まで

タクシーが我が国に誕生したのは、大正元年(1912年)8月5日です。
現在の東京・有楽町マリオンに設立された「タクシー自働車株式会社」が、タクシーメーターを装備したT型フォード6台で営業を開始しました。タクシー業界では8月5日を「タクシーの日」と定め、毎年全国各地でキャンペーンを実施しています。

宮城県タクシー協会では平成27年より「タクシー川柳コンクール」を開催しております。季語もなく五・七・五の十七音で自由に創作できる川柳を通して、皆様が日頃タクシーに感じていることやメッセージ等を表現してください。

宮城県タクシー協会の個人情報の取り扱いに関するポリシーは、こちらをご覧ください。

賞金・賞品

  • 最優秀賞  1本・・現金5万円+タクシーチケット5万円
  • 優 秀 賞   7本・・タクシーチケット5万円
  • 佳  作 20本・・タクシーチケット5千円

※タクシーチケットは宮城県全域及び青森、岩手、秋田、山形、福島の一部事業者でご利用いただけます。

  1. テーマ・・・「タクシー」
    • タクシーにかかわるものであれば安全運行や安心・快適に関するもの、普段タクシーに感じている事などをはじめ、風刺やメッセージ等、自由に応募できます。
  2. 作品について
    • 応募作品は未発表でオリジナルのものに限ります。
    • 他との重複投稿や既に発表されたものに著しく類似したものは除かせていただきます。
    • 応募は複数応募が可能ですが、入選は1人1作品までとします。
    • 応募作品は、入選・落選にかかわらず返却しません。
    • 応募に要する経費は、応募者の負担とします。
    • 応募作品にかかる著作権・使用権等、すべての権利は宮城県タクシー協会に帰属します。
    • 最優秀賞はタクシー協会のイベントや印刷物等に利用されます。
  3. 発表について
    • 選考は平成29年8月5日にタクシー会館で行われ、宮城県タクシー協会ホームページで発表いたします。

平成29年度タクシー川柳の作品募集は7月15日(土)をもって受付を終了させて頂きました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。
選考はタクシー8月5日(土)に会館で行われ、当サイトにて発表致します。

このページの先頭へ